沼の底(東京)ブログ(気分で変わるタイトル)
沼の底(東京)を生き抜くための光と希望を与えるブログ

【WordPress】固定ページでどんなことをしてもWP-PageNaviのページ送りが上手くいかない時の対処法

2017年01月9日(UPDATE:2017年09月10日)
TIPS | , , ,

WP-PageNaviのページでページ送りが上手くいかない時は、ググればあらゆる解決方法出てくるので、ほとんどの場合はそれで問題は解決するのですが、それらがまったく通用しない事例に当たった時があったので、それのメモ。

WP-PageNaviでページ送りが上手くいかない場合、まず以下を試してみる

query-postsを使わない

ページ送りが正しくならないようにするための代名詞とも言えるものが「query-posts」

http://notnil-creative.com/blog/archives/1688

上記に紹介されているように、もう「query-posts」は使う必要がないので使わないようにしましょう。

一般的な設定


<?php $paged = get_query_var('paged')? get_query_var('paged') : 1; ?>
<?php $myposts = new WP_Query(array('posts_per_page' => 20,'paged' => $paged,'post_type' => array('post'))); ?>
<?php if($myposts->have_posts()): while($myposts->have_posts()): $myposts->the_post(); ?>
//ループ内コンテンツ(20件表示)
<?php endwhile; endif; ?>
<?php if(function_exists('wp_pagenavi')) { wp_pagenavi(array('query'=>$myposts)); } ?>
<?php wp_reset_postdata(); ?>

間違った作り方をしてなければ大体上記の方法でうまくいきます。
query-postsで記述されていた場合はこちらに書き換えて下さい。

どうしてもダメなら以下を確認してみる

スラッグが被っている

筆者もこちらでつまずきましたが、固定ページのスラッグと同名のカテゴリースラッグを作成してしまうと、対象のページでなくても上手くいかない場合があります。

また、カスタム投稿だと以下のような例も

http://naoyu.net/wordpress/wp-pagenavi-404error/648/

作りは完璧なのに、どうしてもうまくいかない場合はスラッグやパーマリンクの設定なども見てみるとよいかもしれません。

それでもダメだ!!どういうことだ!?という場合

そもそも自分で作ったテーマじゃない

筆者の制作会社経験上、あえて書きます!!

どんな大きな会社が作った納品物でも、体制とか納期によっては、ひどすぎるクオリティーの物が上がってくることがあるのです。(とくにWEB系は動けばよいっていうのが多いです。)

そもそも、自分が作ったテーマじゃないもののカスタマイズはあまりしたくはありませんが、そうしなくてはいけない場合もあります。

つまり、そういったものはそもそも根本的な作りがおかしいという可能性があるのです。

なので、以下は筆者が経験した内容も含めて、根本的にちゃんとした作りになっているか確認してみてください。

  • <?php wp_head(); ?>とか<?php wp_footer(); ?>がない(←これはマジであった)
  • query-postsが使われている(これもマストではないですが、諸悪の根源なので、入念に確認して、見つけたら排除しましょう。これもザラにあります。)
  • 得体の知れないプラグインがいっぱい入ってる(一部無効化されてるのに入ってる)
  • .htaccessがごちゃごちゃしている(とくにリダイレクトとアクセス制限の部分はあやしいです)

 

自分が作ってないテーマの作業したときに、「<?php wp_footer(); ?>書いてなかったよアハハ」系の書き込みに救われたことがあるので、あえて記載します。

それと、大手の会社の納品物でも、完全に信用せず自分でも確認することが大切ですね。

コメント

現在この記事のコメントはありません

コメントを送る

内容に問題がなければ「コメントを送信する」を押してください。(一度書いたコメントは取り消せません。)

検索

筆者:
プルン・プリン・プッチリーニ

通称:プッチ

沼の底(東京)でWEBディレクターをしながら生き抜いております。

このブログでは、そんな沼の底(東京)を照らす一筋の光になるれるような記事を目指して掲載していこうと思います。(WEB関係や社会問題など諸々)

TWITTER